• soma

免疫あげていこう!②~ハタヨガ・チャクラ編~

最終更新: 2月3日

前回のブログの続きです


免疫あげていこう!①~論文編~を読んでから


こちらのブログはお読みいただければ


幸いです


ヨガ=健やか


と思われる根拠


それには三種の神器があると思っています


といいますか


私が


ヨガはいいよ~と


思って


仕事にしている三大根拠でもあります


① 自分自身がヨガ行者として実践した体験


② 科学的な根拠


③ 歴史的・哲学からの根拠


ということで


今日はこの③から


ヨガで免疫あげよう!の解説です


皆さんは


ハタヨガって聞いたことありますか?


では


ハタヨガとは何でしょうか?


まるで養成講座のテストのような質問ですね


そうそう


ハタさんていう人が考案したヨガです



真剣に思ってます?


やだ~全然違いますよ


ハタヨガとは


身体を使ったヨガ全般を


現代は指しています


ですので


たぶん皆さんが行っているのは


ハタヨガであると思います


ハタヨガは


ラージャヨガ(瞑想から解脱の道)の準備段階であり


最終のゴールは


ウンマ二・アバスタ


または


マノンマ二・アバスタです


って


言われても


何が何やら


これだから


ヨガの哲学は嫌よと言わず


もう少しお付き合いください


この意味は


心のない状態


または心のない心の状態がゴールという意味です


そう


なので


ラージャヨガの聖典『ヨーガスートラ』で


ずばり


ヨガは心の作用の死滅である


と言っているのとリンクします


決して


難しいポーズをとることだけ


肉体的アプローチだけではありません


健康促進・美しさ・ダイエット・


アンチエイジング・ストレス減少


という目的を満たすことができますが


これが目標じゃあないんですよね


ハタヨガの


ハは太陽タは月


相反するものとひとつにするという意味


相反するエネルギーの統合です


私たちの身体には


7万2千ものナーディーといって


エネルギーの通り道があります


そのエネルギーを通りやすくするために


身体を動かすポーズをすることで


身体にスペースを作ります


だからポーズをとるんですよ


そして


そのスペースにたっぷりエネルギーを送り込むのが


呼吸法


ヨガではそのエネルギーをプラーナというので


プラーナを調える方法


プラーナヤマといいます


なので 


調気法とも言われているんです


このプラーナ(エネルギー)の通り道である


ナーディーが集中して通っている部分が


背骨でありスムシュナーといいます


そのスムシュナー(背骨)上で


交差点のようにプラーナがたくさん通っている部分が


チャクラです


聞いたことある方もいますよね


この七つのチャクラを万遍なくポーズで動かすことで


エネルギーが通りやすい身体になるんですね


なので


呼吸法とリンクせず


身体を動かすのは


ヨガではなく


エクササイズになってしまいます


けっこうな動きをして


疲れているはずなのに


なぜかヨガクラスの後


スッキリ元気になるというのは


このエネルギーチャージができたから


そう


ハタヨガはエネルギーワークです


これは


私の考察ですが


こんな身体ばっかり使う


今流行っているハタヨガはヨガじゃない


とポーズなんてするのはアホだと


この段階を飛ばして


ラージャヨガ至上主義だと


そのエネルギーに耐えうる体力・肉体がないので


逆に体調不良が発生しているように見受けられます


ただ


肉体・身体は粗雑で簡単なものであり


繊細なエネルギーを受け取り伝導するものなのに


目で見えて


触れることができる簡単さから


この肉体・身体に執着をして


ハタヨガの


難しいポーズをすることだけに酔いしれ


身体の美しさのキープすることが自分であり


それだけが目標になってしまいがちです


そうなると


無理矢理ポーズをとるので


もちろん怪我だらけで


常にどこかに痛みを抱え


さらに


心が壊れやすくなるように思われます


全くの本末転倒です


段階を踏み コツコツと進んでいくことの重要性


ヨガをする者がラージャヨガの段階につくと

ハタヨガはその者にとって必要なくなる


この言葉通り


ある程度になると


『もう アタシ アーサナはしないよ』


という先生がいるのも納得です


・・・



ちょっと話が横道にそれてしまいました


ハタヨガがエネルギーワークということは


なんとなくわかっていただけましたか?


この7つのチャクラ


エネルギーの交差点こそが


免疫アップの肝です


チャクラは


尾骨部分から頭のてっぺんまであります


下から


①ムーラダーラチャクラ/会陰

②スワディスターナチャクラ/丹田

③マニプラチャクラ/臍

④アナハタチャクラ/胸

⑤ヴィシュタチャクラ/喉

⑥アジナチャクラ/眉間

⑦サハスラーラチャクラ/頭頂


となり


それぞれにエネルギーの意味があり


プラス


このチャクラが


ホルモンを分泌することで


生体の恒常性を維持する


私たちの身体の各内分泌線に


呼応していると言われているんです



①ムーラダーラチャクラ/会陰

→安定・生きる基本の力


②スワディスターナチャクラ/丹田

→欲望・性的エネルギー


③マニプラチャクラ/臍

→活動的エネルギー・自己主張

/副腎・膵臓


④アナハタチャクラ/胸

→愛・慈悲深さ

/胸腺


⑤ヴィシュタチャクラ/喉

→コミュニケーションを司る

/甲状腺・副甲状腺


⑥アジナチャクラ/眉間

→直感力・洞察力

/松果体、下垂体


⑦サハスラーラチャクラ/頭頂

→大いなる存在・宇宙との交信

/下垂体


その他色や音、形などもありますが


今回はここでは割愛します


それぞれの意味や色もそうですが


これは流派によっても異なるので


どれが間違いということではありません




この各内分泌腺に


いい刺激を与えることができ


エネルギーチャージもできるので


ヨガはすこやかになるという


考え方なんです


こちらはイメージ写真ですが


まさに自分の身体の中に


こんな風にエネルギーポイントがあり


自分自身が


満ちあふれていくことを


ぜひぜひ


ヨガをする際


この写真のように


イメージされるといいと思います!


さらに


だから


呼吸は大切なんだと


しっかり呼吸を行って今日もヨガで


免疫あげあげを目指していきましょう!



※ヨガはけっして治療ではありません

色んな研究や

哲学や歴史からの教え・智慧はたくさんありますが

あくまでもよりよく生きる道の

補完として

そして体調が悪い場合は必ずお医者様に相談し

お医者様の指示を仰いでください


0回の閲覧

静岡県東部 ヨガのことなら ヨガ講師 野中由美

​連絡先 メールアドレスsomayoga136.com@gmail.com     

Copyright (C) yogasoma.net 2017 All Rights Reserved.

  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle
  • Google+ - Grey Circle
  • YouTube - Grey Circle
  • Pinterest - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle