• soma

更年期世代をSMAPが救っていた


昨日は暑かった・・・

まだ6月だよね!?

車の外気温を見ると

びっくりです

今日は案外と朝から涼しいので この気温差は

昨日も一緒にヨガを楽しんだ大先輩方が

アップダウンが激しくて 体調きついわあ~と言っていたのを思いだします

いやいや 超後期高齢者の皆さんもこの暑さ厳しいと思うのですが

もうひと世代もツライのです

そう何度もここでも話題にしてます

わたくし閉経前後ど真ん中更年期世代でございます

いやあ~暑くて暑くて たぶんですね 皆さんの暑さ×50パーセント増し

今まで会社のクーラー戦争では

設定温度を上げる派でした

一転 完全なる 下げる派に寝返ってます

いや たぶんあの戦いにピリオドを打つことができる

部長と19度設定のクーラーの中 今なら笑顔で握手となるでしょう

そんな中

レッスンのあと 親友とイタリアンへランチ

これがね 駐車場から お店までの道のり 砂漠に感じます

日傘 サングラス ノースリーブで歩いたにも関わらず 

完全にゾンビ状態でお店に到着(笑)

おいしいパスタとやさしいドルチェをいただいて完全復活です

何よりも たわいもない 楽しいおしゃべり大切ですよね

話題は やっぱり この更年期

人それぞれ症状は異なるので へーへーへーの連続

ちょっと先輩になると 三年くらい 血圧が高くなったり低くなったりの感覚だったり

手足の痺れ 気分の落ち込みもあるそうです

スマホが異常に熱くなるように首の裏が熱くなり

抜け毛と白髪のみの症状という私ですが

落ち着いたら また検査に行ってみようと思ってます

ヨガをしているのに!病院に行くんですか?!と

言われますが 行きますよ(笑)

自分でできる範囲のことをやっていても

人間は自然の一部

永遠の命ではないので 衰えは当たり前

なので 定期点検は必要だと思ってます

もちろん だからと言って 自然の流れや 自分のできること 食生活を

おろそかにする訳ではありません

以前 お友達が 

40代に入る前にヨガと出会って良かった

というか

女子は必須と言ってました

これ 私も同意です

ちょうど

いけいけゴーゴー

全てを若さで乗り越えた時代から 陰りを認めざるを得ない世代への変化の時期

その衰えていく自分の予兆にどう対応するか

いやだ いやだ あたしゃ認めないよ と

若くいたい! 健康じゃなきゃ! これが出来なくなるなんて許せない!

抗えば 抗うほど 何かに執着してみたり 周囲のせいにしていく

そうやって自分以外のまわりのことにばかり目がいけばいくほど

自分の心は疲弊していく

ヨガは 身体を使って 呼吸を感じ 自分の内側を観る習慣 内観することで心が落ち着き

抗わずに 受け入れることの心地よさを内側から感じる

若い頃より 体重が増えていたとしても

軽やかに生きられるようになる

そんな風に感じてます

でもね・・・

ここからは完全なる わたくしの持論ですし 医学的根拠というよりも

感想ですのであしからず

私も親友も 今年に入って 愕然と症状を感じるようになりました

緩やかに描いていた曲線が

真っ逆さま 急降下に落ちるエストロゲン

いや 枯渇

なんだろ・・・ 

そう 年に二回のスマップコンサートがなくなってしまった

これね 大きいと思うんですよ!!!!!

コンサートが近づくと 自然と痩せ

肌艶がよくなり

なんだかわからないけど ホルモンが分泌されていることは 感じてました

剛以外考えられない を

まるで呪文のように唱え

きゃー ぎゃーあ♡ 倒れこむほどの