• soma

ポーズ→呼吸法→制感→集中→瞑想 さて何の順番でしょうか?


マインドフルネス瞑想体験会を終えて

今回 全くの初めてという方と

ご一緒する機会

本当にありがとうございます

しかも

ヨガのクラスではなく

マインドフルネス瞑想クラス

いかがだったでしょうか

私自身

本当に勉強になりました

ありがとうございます

そして

ヨガってやっぱりすごいかも

ヨガを構築したインドすごいんだと

再確認になったのです

ヨガだって今ここに意図的に意識をおくよ

本当にマインドフルネスという言葉良く聞きますし

雑誌や書籍たくさん出ています

かのグーグル社で

行っているということで

マインドフルネス瞑想は

古来の仏教の瞑想を元にして

宗教色を排除したものといわれており

ダイレクトに瞑想にトライします

うーぬ

ちょっと待ったあああああ

納得できないインド哲学マニア

まず

なぜ仏教が元なん?

呼吸を使って

今ここに意識をおく

客観視って

全然ヨガなんですけど

ヨガのが仏教より古いんですけど

なんでヨガが元じゃないの?

ジョンカバットジン博士のマインドフルネスストレス低減法には

ヨガ瞑想もちゃんとあるぞい

どちて

どちて

どちて

どちて坊や全開バリバリでした

しかし

かのグーグル社でのマインドフルネス瞑想のシステムを構築された方は

そもそも仏教の瞑想から行っていたし

現在中心になって社内で行っている方も

仏教徒の方

別にヨガをないがしろにしてるわけではなく

ちゃーんとグーグラーはマインドフルネスヨガを行っている訳で

どちて坊やも納得の助だったのであります

身体を使うから入りやすい それがヨガの特徴

ただね

ここで

実際に自分でもワークショップを開催しての実感

佐保田鶴治先生も

ハタ・ヨーガのように身体を使って叡智を知ることは 

他の宗教にはない大きな特性

他の宗教には

バクティやカルマなどの考えはあるが 確かに体を使うことは皆無であると

おっしゃっています

もうね

本当にその通りなんですよ

ヨガでは身体が一番粗雑なものなんです

粗雑というか

簡単なもの

触れるし 

目で見えるし

自分で食べたものでできているし

わかりやすい

いきなり

どこにあるのかわからない

見えない 心にアクセスするよりも

この 身体を使ってアプローチしていったほうが

急がばまわれ

周り道 まどろっこしいように思えますが

以外にすぅーと心にアクセスできる

それがヨガの特徴

私もこれは実感しています

でた!人間五蔵説

この理論は

インド哲学

ヴェーダ聖典

タイッティリーヤ・ウパニシャットで解説されています

五蔵からなる人間存在の系統からきている

そう定義しているのが人間五蔵説(パンチャコーシャ)

人間の身体は五つの鞘からできていると言われ

⑤食物鞘・身体(アンナマヤ・コーシャ)→④生気鞘(プラーナマヤ・コーシャ)→

③意思鞘(マノマーヤ・コーシャ)→②理知鞘(ヴィジナーナマヤ・コーシャ)→

①歓喜鞘(アーナンダマヤ・コーシャ)

以上の5つの鞘は、お互いに関連していて