• soma

メンバーさん、生徒さんに寄り添う3つのポイント


根本的なところに戻ると

けっこう楽になります

肩の力が抜けます

サービスという技で相手をホールドし

スリーカウント取ろうとしても

実は

自分で自分自身を抑え込み

身動きできない

難解なサービスという技はいらなくて

もっとシンプルに

今日はふとそんな日常の気づきを

レッスンの合間

銀行へ

ちょっと変更したい点があり

二回目の再訪

先日は

AかBかしか選択はないんです

もうそれしかないんですよ

だから

どっちか検討して

決めたら

この用紙に記入して郵送して下さい

ケンモホロロに突き返された私の相談案件

うーん

家に持ち帰って再検討しても

やっぱり どうしても

郵送するBには選択したくなかったので

今日

再訪してAの手続きをしよう!

そんなつもりで

銀行へ

行ってみると

本日 対応された女性がとても丁寧

なぜ変更したいのか

変更した場合のデメリットとメリット

AかBかの

ニ択だけではなく

Cという

新たな提案

この提案こそが

私が変更したいおとしどころで

こんないい変更ができるんですかと

大感動!!!

本当にありがとうございますm(__)m

その丁寧な対応に本当に心打たれ

ふとね

私自身も再確認したんです

そう

どっちに向いての行動なのか

なぜこのサービスをしようとしてるのか

なぜこの仕事をしてるのか

あらためて

しっかり向き合いました

寄り添うって

こーいうことなんですね

本当に勉強になりました

ありがとうございます

ヨーガを伝えると言う立場であり

色んなところで伝えさせてもらっています

そんな中

スポーツクラブさんや

カルチャーセンターさんと契約して

クラスを担当させていただく以上

やはりサービス業であると思っています

どっちに向いているのか

自分がこう思うヨガ

アタシのヨガ

独りよがりのマスターベーションでヨガを伝えるのなら

家で一人でやったほうがいい

そもそも

ヨガの修行は一人でもできるもの

プロってなんだろう

いつもそんなことを思ってお仕事いただいてます

常にどっちに向いてヨガを伝えているのか

本来のサービス

私は

メンバーさんや生徒さんに寄り添うポイントが

3つあるように思うんです

① 聞く力

担当して下さった銀行の方のように

聞くこと

ここがサービスの基本なのではないでしょうか

なぜ ヨガをされているのか

どうしてヨガを選んだのか

ヨガをしてどうなりたいのか

一人一人にいちいち聞くというよりも

何気なく さりげなく伺い ご要望は必ず心に留めておく

②対応力

もちろん聞くだけで終わってしまっては意味がありません

そのご要望には瞬時に応える

同じくヨガ講師のインド仲間が