• soma

ヨーガの極意 小山一夫著

更新日:10月17日


ここに来て

改めてガッチリヨガを修習する機会が!

と 同時に

自分のインド哲学・ヨガに向き合うことの集大成となるような

壮大なテーマをいただきました

『わあ!楽しそうおもしろそうです ぜひ!』

と お答えしたものの

そのテーマの大きさにたじろいでいることは否めません

500時間を卒業してからの復習や

自分自身のヨガ・インド哲学との一区切りに

本当にいいタイミングです

ありがとうございます

そんなこんなで

夏休みの宿題に追われるお子達に紛れ

図書館通いの日々でございます

ついつい本を借りて帰らずにはいられません(笑)

といっても

ほぼほぼ関連図書

ヨガ関連

哲学関連の本ばかり

ちょうど夏休みの課題図書のように出会ったのが

こちらの本です

ヨーガの極意 ヨーガスートラを体験するために 小山一夫著

これが

久しぶりに面白い本にガツン出会いました

ここまで読んで

やだ~スートラの解説!?soma先生が面白いならと

アマゾンをぽちっとな

するのは早合点

ちょっと待ったあ~です

こちらは

火の呼吸・クンダリーニヨガJPの小山先生が

タントラの観点からのヨーガスートラを

佐保田先生・中村先生・ラマナマハルシ大師の著書や

魂の科学やスッタニパータと比較しながら研究している内容です

更に中国智慧にも精通されており

また仏教の経典からの引用もあるので

かなりマニアック

ですので

上記の先生方の本

ヨーガスートラ・ハタヨガプラディピガー読んでからの方が

この本の面白さを堪能できます

ある程度ヨガ・インドの歴史が頭に入っている

変態の皆さんにはたまりません

特に

マズローの欲求五段階説とチャクラとの関係についての考察は 

はっとしました

また

白隠禅師の禅病についても言及しているのも

普段から瞑想の危険性の話をするときに

私も白隠禅師と自分の体験談を語るので

共通事項があり ニヤニヤでございました

その他にも

ヨガは内観だ

アーサナだけでわかって気になっても×××

という意見

そして 

宗教性をはずすということを一貫しているのも

納得です

ただ

宗教性をはずす為に

ヨーガスートラのヤマ・ニヤマはいらないという考えは

大胆だなと・・・

数々の引用文献・参考文献の中に

ヴィヴェーカナンダ大師の著書がないのは

そのあたりが理由なのでしょう

ご本人もご著書の中で

サーンキヤ哲学からのヨーガスートラの解釈を求めている方には

こちらの内容は合わないとおっしゃってます

なるほど

私自身が

やっぱりタントラではなく

ラージャヨガ・サーンキヤ学派であることも

再確認できました

ヨガという智慧の海は

本当に広く大きく深くて

この海に船を出したからには

井の中の蛙ではいられない

    ヨガの経典や先人の著書は旅行のガイドブックのようなもの

と書いてありましたが

私もまさに

その通りだと思います

</