• soma

幸福か不幸か 二極の選択は自分


オサレナ町ギロッポン

でも

そこでの友人との会話は

怪しげでありがながら泥臭さを感じる

私にとってはタマラナイ

内容でした

とってもおいしいイタリアンとインド哲学

この二つを一緒に堪能できるのは

私達だからこそだと思います(笑)

久しぶりに刺激的な夜だったので

そこでのお話からの

気づきをおすそ分け

興味のない方いっぱいなんだろうな・・・(笑)

ふとね

あれアタシなんの為に生きてきたのかなあ

誰にも感謝されずに

寂しい

不幸だ

このまま無かったものと抹消されてしまうかもしれない恐怖を

感じたことある方

もし良かったら 少しだけこのブログ記事ご賞味下さい

友人が

口にしたのは

苫米地英人先生の本を読んでいなければ

なかなか聞きなれない言葉

抽象度

ご存じですか?

これ先生の造語

Levels of Abstructionを訳してできた言葉が

抽象度なのだそうです

これは

例えば ネコという言葉よりも 動物という言葉のほうが抽象度が高い

鈴虫 → バッタ目コオロギ科 → 昆虫 → 生物 →人間と同じ生きとし生けるもの

こんな感じでしょうかね

抽象⇔具象

そう より具体的ではない

つまり

もっと俯瞰の概念

この抽象度の高い思考で人生を見ることができるかできないかで

幸福度は異なっていくのではないのかという話をしました

よく

ヨガをすること

人生を歩むことを

山のぼりに例えることがあります

私達は自分の人生の山を登っています

この山登りに必要なものはなんでしょうか

登山をするので

服装や装備品

コンパスに地図 食料品も必要です

懐中電灯があったほうが安心かもしれません

もちろん目的地も

他に何が必要なのでしょうか

それは

準備万端にしたところで

今いる場所

今の自分の居場所

今ここがわからなければ

どこをどう登っていけばいいのかさっぱりわからないのです

身体を使って呼吸を通し 自分と向き合うことで

今ここをヨガで知り

頂上を目指して

踏み出すことができる

迷わずに道を歩める道具のひとつがヨガ

その道具であるヨガにも

色んな種類があるように

登っていく道も人それぞれ

その人が歩きやすい道を

色んな種類から自身が選択して登っていけばいい

そして

夜道で暗くなったときは

師匠という灯りが道を照らしてくれるのでしょう

二股の分かれ道に突き当ったら

聖典というガイドブックから

ヒントがもらえるのでしょう

そうやって少しずつ

自分の足で歩いていけばそれでいい

そう私自身も思っています

ただ

この山を登っていると

本来は頂上まで登っていこうとしていたはずなのに

途中の見晴のいい場所までとりあえず登ろうと

<