• soma

おすすめのマインドフルネス本


先週

マインドフルネス瞑想 静岡クラスが終了しました

ご参加くださった皆様ありがとうございます

月一回三か月コースでしたが

皆さんがとても真摯に向き合って下さって

こちらも毎回

資料作成にも力が入り

楽しかったです

ありがとうございます

ラストは歩く瞑想も!

『ワタシがおすすめの本にも書いてるけど

人前であんまりやらないほうがこの歩く瞑想はいいよ~

って書いてあるんですよ』

と皆で談笑

なので

今日はそのワタクシの

おすすめマインドフルネス本をご紹介します

マインドフルネスストレス低減法 

Jカバットジン著

これは以前にも

ブログで紹介していたと思います

良書です!

なんて生意気ですが

この本だけでも充分かと思います

というか

ヨガ関係者は必須だと思ってます

お友達も

これはいいとやっぱり言ってました

わかりやすいし

ヨガを行じていれば

もう

マインドフルネスとヨガの素晴らしさ再確認できます

マインドフルネスの教科書

藤井英雄著

スピリチュアルの老舗

クローバー出版さんの教科書シリーズ

これはヨガを実践されていない方もわかりやすいと思います

いやいや

さすがです

ヨガもそうですが

潜在意識へのアプローチが肝だと思ってます

なので

そのあたりがわかりやすい

最後のQ&Aもいいです

完璧主義にならなくていいと

著者さんの人柄なのでしょうか

やさしい気持ちになります

写真には

ブッタの幸せの瞑想はティックハットハン先生の本

こちらは仏教からのマインドフルネスがわかります

もう一冊は

スタンフォード大学マインドフルネス教室

こちらは論文からの解説など

根拠があっていいです

もしかしたら

はじめてマインドフルネス本を読む方

マインドフルネスの概念がまだわからない方

にはちょっと難しいかもしれません

その他も

グーグル関係者さんから

ヨガ関係者の方など

たくさん

マインドフルネス瞑想本は出版されています

自分が続けられそう

楽しそう

と思ったものを

1冊チョイスして

瞑想を実践されるといいと思います

前出の

マインドフルネスの教科書のQ&Aにもある通り

完璧主義を目指さずに

肩の力を抜いてやってみるのが一番かと

よく

ご質問いただくのが

この本に書いてあった方法と

こっちに書いてあった方法や

呼吸の数え方も違うし

どれがいったい正しいんですか?

どの方法が正しいんですか?

と聞かれます

これね

マインドフルネスの定義はありますが

方法は

呼吸を使ってみたり

身体を使ったり

色々です

その定義からはずれていれば違いますが

まず

今ここに集中をして

常に

何が正しい

あれが間違っていると考える自分がいると

客観視することからはじめてみたらいかがでしょうか

〇ヨガのお問い合わせは こちらをクリック → ここをぽちっとな

〇最新ブログ更新確認は もし良かったフェイスブックを

フォローしてくださいね → ここをぽちっとな

□結論

今ここ

ですよね!

そうそう

大変ご好評いただき また静岡参上させていただけるような・・・(^.^)

少しお休みをしてまたお会いしましょうね

#マインドフルネス読書 #Clover出版 #三島市マインドフルネス瞑想 #静岡市瞑想マインドフルネス

29回の閲覧

静岡県東部 ヨガのことなら ヨガ講師 野中由美

​連絡先 メールアドレスsomayoga136.com@gmail.com     

Copyright (C) yogasoma.net 2017 All Rights Reserved.

  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle
  • Google+ - Grey Circle
  • YouTube - Grey Circle
  • Pinterest - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle