• soma

瞑想やヨガの後、エゴが増大するってよ!

更新日:10月17日


先日

ヨガについての面白い実験を発見

https://qz.com/1307380/yoga-and-meditation-boost-your-ego-say-psychology-researchers/

https://eprints.soton.ac.uk/420273/

https://gigazine.net/news/20180618-yoga-meditation-boost-ego/

エゴをなくすのがヨガである

というような言葉には

若干の疑問はありますが

ヨガ後 自己陶酔感があがる

自己肯定

自分自身の評価があがるという結果は興味深い

なるほど

なるほど

そういえば

ヨガの先生と呼ばれている方で

う、うううーん

あれあれ

うぬぬ

と思ったことありませんか?

こう~いつも鼻の穴が上を向いているような

顎がいつも斜めにあがっているような・・・

自己評価がどえらく高いんですね

納得です

そして

私自身もこの結果は

実は体験済みなので(あれっ!?ワタシ今も鼻の穴が上向いてる感じ?)

そのあたりを含めて

今日は

ブログにアップしたいと思います

エゴって

ヨガは心の作用の死滅である ヨーガチッタブリッティ二ローダ

かのパタンジャリ大師が

ヨーガスートラの一番最初に書かれていて

ヨガってそーいうもんだ

以上

とても完結に定義されいます

そのあと第四章まで

どうやったら心の作用を死滅できるかの方法から

解脱の先に宿るパワーまで

懇切丁寧に書いて下さっています

結論が先に書いてあるので

そこだけで納得してしまうと危険

その後の部分を読み込み

自分が実践することこそが大切です

あーはいはい

心=感情=欲=エゴ

を止めちゃえばいいんでしょ

早合点は痛い目みます

『エゴを捨てなさい

我を捨てなさい

師がおっしゃっていることが全て!

個を捨てるのがヨガなんです』と

切々とおっしゃっていた先生がおられて

寒気から悪寒が走り恐怖心から

膀胱炎になってしまったのを覚えています

それって洗脳だよなあ・・・

ヨーガスートラでは

ブリッティ(覚)知性・識別能力

マナス(意)欲望

アハンカーラ(我)私という部分

があり

この三つで

チッタという心の全体像と捉えています

おっ!このアハンカーラがエゴ(自我意識)じゃんと思いたくなりますが

そこが単純そうで単純ではなく

そもそも

私達は

プラクリティというこのチッタ(心)が所属している自性と

プルシャと言われる真我からできています

本当の自分であるプルシャ(真我)が

プラクリティに(自性)に興味を持ち

おっ 

アタシに興味を持ってくれたのねとプラクリティが動きだし

プルシャ(真我)に人生という名の映画をみせようと

3つのグナをフル回転させ

ブリッティ(覚)知性・識別能力を生み出し

アハンカーラ(我)私という部分を生み出し

マナス(意)欲望が生まれ

目や耳などのインドリヤス(根)感覚器官が生まれ

臭覚、味覚、などのジュナネンドリヤ 

手や足、生殖器官などのカルメンドリアと

生命としてこの世に私達は存在しているのです

これが サンキーヤ哲学(進化論)です

この人生という映画を観せてもらっているプルシャ(真我)

観らているはずのプラクリティ(自性)を

同じもの

同一のものと考えてしまうことが

苦しみを生む

観ていたはずのプルシャ(真我)が

人生という名の映画の主人公だと同一視してしまう

だから</