• soma

ヨガの歴史⑥ インド哲学から考えるヨガの実践方法

更新日:9月4日


こちらは連載記事になります

2018/12/18.19.20.21,22の続きです

以上をお読みいただいてから

ご一読ください

今回 連載にて

ヨガの歴史についての記事をアップしました

マニアックな内容の連載を

いったいどれくらいの方が

全てを読んでくれたのだろうか

そう思うと

全て①~この⑥まで完読して下さった方

本当に本当にありがとうございます

そして

イン哲の世界へようこそ♡

こちらの内容は

2012年インドでの500時間

ヨガトレーニングに参加するにあたり

提出した宿題の内容です

なので

いかにも論文風に書いているので

読みにくかったかもしれません

修正したのは

現在ヨーガ療法学会を退会している

そのあたりのみです

なぜかこの年末に

一区切りをつけたくて

この内容をアップしよう

再度整理しようと

いてもたってもらいられなくなっての

ブログです

記事をあげながら

こうやって

命がけでヨガを伝えてきた

行者たちの想いを大切する者は

例え少なく

世間様の興味がなくても

居ていいんだよなあ

どこかの組織に属してなくても

自分の気持ちに正直に

その伝統を受け継いでいける喜びを胸に

さらに学んでいこうと決意しました

当時(2012年)

私は瞑想をする際に

自分を客観視する瞑想ヨガクラスと

この時間をみんなでシェアしてひとつになりましょうというヨガクラスが

どうにもこうにも違和感だったのです

どちらがいい悪いということではなく

「客観視をして自分と向き合うのよ」

「今ここにいるみんな同じひとつよ

お互い手を触れ合って瞑想よ」

ひとつのクラス内で

同じ先生が

相反することを言っているその姿を

相反することをひとつにするのがヨガだから

という大義名分だけでは

納得できず

どっちやねんと(笑)

そこで

2か月間インドに滞在する前までに

浮かび上がった疑問に決着をつけたく

図書館に通ったり

本を取り寄せたり

ヨガ歴史年表を作成したりと

1人悶々&ニヤニヤ籠って作成しました

今思うと

とても幸せな時間をいただいたこの宿題に感謝ですし

この時から

誰に頼まれた訳でも無く

趣味なのか仕事なのか境のない

テーマについて

粛々と籠ることが生活となりました

そもそも

ヨガはインド哲学でいう

一元論 ヴェーダの思想から生まれました

大いなる存在とひとつである

ワンネス

そこから

のちにラージャヨガと名づけられた

ヨーガスートラでは

私達は

真我であるプルシャが

自性であるプラクリティに興味を持つことで

映し出すブッティが生まれ

意識が生まれ知覚器官が生まれ

運動器官が生まれていった世界

いわゆる二元論です

その真我であるプルシャは観賞者であり

実際に経験はしていない

それをプラクリティと一体化して

あたかも自分も一緒に経験している

プラクリティと同じものと思う無知から

苦しみが生まれる