• soma

ヨガ通信 心の作用の死滅と心の死滅は違う

更新日:10月17日


前回のブログの続きです

心を亡くす

これはヨガを学び始めた頃に

これこそが

ヨガだと勘違いをしてしまったことがありました

これからヨガについて説明する

ヨガとは

心の作用を死滅すること

以上

100~500年に編選されたといわれている

パタンジャリ大師のヨーガスートラ

ヨガの理論を体系ずけ

はじめてまとめられたと言われている聖典であり

私達ヨガを伝える者で

読んだことない方はいないと思われます

いきなり

がーーーーーつーんと

ヨガとはなんぞやと

1章の1と2に

このように記されております

じゃあ 心の作用を死滅するのがヨガなら

どうやって死滅すればいいか

私達の心の仕組みを解説しながら

ひとつずつ丁寧に

心の作用の死滅方法

ヨガの道が書かれています

そう

心の作用の死滅がヨガでございます

決して

さかさまや

たかいたかあーいでも

セクスィーでも

うおりゃーあ~

だけがヨガではないのです

プラス

心の作用の死滅がヨガであって

心の死滅でもありません

心が亡くなるとは

まさに思考停止からの選択権の放棄です

私達の心は

色んな思い込みや

様々な感情という作用があり

一番自分の奥にある心の声をなかなか聴くことができません

小学生の時に

絵具を水にまぜたあの時を思い出してみてください

例えば

赤色という怒りの感情の絵の具

青色という不安な感情の絵の具

ピンクという愛する感情の絵の具

黄色といううれしい感情の絵の具

群青色という思い込み

茶色という勝手な常識や正義感

そんな色んな色を混ぜると

真っ黒になり

しかもシェイクシェイクと激しく混ぜ込めば

水面は激しく揺れて

そもそもの状態はまったくわからない

そこでヨガ

ヨガの教えを生活に取り入れ(①ヤマ・②ニヤマ)

ポーズで身体を整え(③アーサナ)

呼吸に意識をおき(④プラーナヤマ)

自分の感情をコントロールできることを知り(⑤プラティアーハラ)

今に集中(⑥ダーラナ)

その集中している時間を少しずつ長く行い瞑想をしていくと(⑦ディアーナ)

穏やかな水面となり

感情や想いや囚われという絵具が底に沈殿され

そもそもの透明な水になる

その静かで透明な水こそが心の平安であり

本当に自分が求めている心の声

心の言葉がみえてくる(⑧サマディー)

こうしたい

これが好き

自分の使命

その心の言葉をしっかりと読み取った頭

そう思考が

じゃあこうしようと動きだし

行動に移す

そうやって

心と身体と頭がひとつになって満たされるから

健やかな人生を送ることができる

それがヨガースートラの八支則

この心の作用の死滅方法は知っているだけも

意味はなく

また